練習 一覧

NO IMAGE

マウスピース選考その2

前出の選択方法からすると、例えば、エリックモデルのマウスピースも浅い割りに吹きやすく感じます。そうすると、ラスキーは吹きやすいはずなんですが

記事を読む

NO IMAGE

最近のマウスピース選考

最近の使用マウスピースは、主にバック6C,2Cとティルツ5Cです。共通点はリムからカップにかけて、まっすぐに落ちているということです。

記事を読む

NO IMAGE

スタミナについての考察

トランペット吹きにとってスタミナは永遠の課題だと思うのですが、最近の練習で少し考え方が変わってきました。 以前は1日吹ききるだけのスタ

記事を読む

NO IMAGE

練習の必需品

賛否両論あるとは思いますが、私は練習用ミュート使ってます。とは言っても、何でもいいと言うわけではないので、私のおすすめミュートを紹介します。

記事を読む

NO IMAGE

リードを支える

振動体である唇は常にフリーで振動しやすい状態になっていなければなりません。そのためには唇周辺の筋肉でしっかり支えなければなりません。

記事を読む

NO IMAGE

息の圧力

非常に誤解しやすい事なのですが、息の量と息の圧力は扱いが全く違うのです。そして、最初に気を付けるべきは「息の圧力」だと思うのです。 正

記事を読む

NO IMAGE

やはり基礎が大事

やはり、基礎がしっかりしてないと駄目と感じたので半年前からレッスンに通ってます。最近ようやく成果が現れてきたような気がするので、忘れないため

記事を読む

NO IMAGE

マウスピースの形

音色、音域、耐久性すべてに関係する「上唇の脱力」これを行うために重要なのが、マウスピースの形だと思うのです。 上唇の力を抜くと、かなり

記事を読む

NO IMAGE

ハイトーン

シラブルを意識しながら、如何にしてハイトーンを出すか?しかも楽に。 普通に考えると難しいテーマですが、意外なところに答えがあるのかもしれませ

記事を読む

NO IMAGE

シラブルと使い方

アンブシュアをパッカー気味にすること、シラブルを意識して最も効率的な息の使い方と響きを意識する事で、だいぶ楽に吹けるようになってきました。

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4