下唇の扱い

最近は唇のセットにはあまり神経を使わなくなってきたのですが、1つだけ常に考えてる点があります。それは、下唇のセット方法です。

どうやら、下唇の力を抜きすぎると、音色とか音域とか全般的に良くない傾向になる気がするのです。ウォームアップに時間をかけてもなかなかいい感覚にならないのです。

やはり、振動の主な部分は上唇のようだし、下唇はその邪魔をしないよう、息の流れの支えのために、コンパクトにセットするべき、と言うのが最近の注意点です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です