ピッチのコントロール

高音域になると、ピッチが上ずってしまうのは、楽器に問題があるのだろうか?そう思っていた時期もありました。
しかし、師匠に相談したところ、「じゃあ、こういう練習しましょう」と言って、第二線のソからレまで上がって下がる練習を指示されました。
ただし、音階の上下する間、師がソの音をロングトーンする、その音に響きを合わせることという指示がつきました。
やって見ると、なるほど、音が上がるに連れ、ピッチも上がって行きます。そこで、「ソを聞きながら、響きがなくならないように、ピッチが上がらないように気を付けてもう一度。」
と、繰り返すとだんだんあってきました。
さらに、同じパターンで1音ずつ上がって行って五線上のソまで練習すると、原因が息の使い方であることが判明しました。やはり、何事も息の使い方なのです。
最近、ようやくハイB♭まで上がれるようになってきました。これが無意識で出来る様にしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です