唇の開きを防止する

吹奏楽コンクールが終わりました。色々思うところは有りますが、さらなる修行が必要です。

さて、ああいう大きな編成で大き目の音量を必要とする演奏を長い間続けていると、どうしても唇が開き気味になる癖があります。

大音量、高音域を多用すると、無意識のうちに最初から唇を開いてしまう癖があるので、正しい位置に治さなければなりません。

私が教わった方法としては、

ソフトな音量で、出来るだけ全身の力を抜いて、たっぷりとした呼吸で、「ブレスアタック」です。

自分の中音域から上下にブレスアタックでロングトーン。音の最初に「Pu」という発音を感じながら、もし、「すーっ」となったらまだ開き気味。無理のない「Pu」となるよう軽く閉じて吹き始める。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です