低音域は苦手

もう何度目になるか分からないけど、また「三匹の猫」組曲演奏します。

今回は初めてフリューゲルパートを演奏する機会があるので、それが楽しみ。

結構フリューゲル好きなんです。

しかし、「クラーケン」は低音が難しい・・・

2ndなんでまだましだけど、3rd、4thともなると、バス・トランペットの方が良かったんじゃ?という程の低音。

どうしてもオーバーブローしてしまう癖があるため、低音は苦手です。これでも以前よりはかなりマシになったんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です