演奏会の反省_2015-02-01

如何に効率よくアップできるか、事前の準備が出来るか、今回もその課題に直面しました。基本的にはウォーミングアップには必要以上の時間が欲しいのですが(体的にも、気持ち的にも)得てしてアクシデント・ハプニングというのは起こるものです。

予定していたアップ時間を殆ど使えず、本番突入、しかも最初はTpパートだけのファンファーレ、Esのロングトーンからという結構きつい条件でしたが、何とか乗り切りました。

金管アンサンブルも、横一列の並びという悪条件ながら気になるミスもなく、課題にしてた低音も無事に演奏でき、自分としては満足です。

ただ、合奏としてのクオリティは?・・・

音色の向上、フレーズ感の向上は永遠の課題として取り組んで行きたいです。

去年は謎の唇荒れに悩まされていたので、今年は格段に気持ちよく演奏できて良かったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です