ブレスの練習

演奏会が近い時とか、いろいろな事情で練習時間があまりとれない時とか、呼吸の事は二の次になりがちです。とある演奏会が終わった後、どうも自分の音が変だなーと、よくよく考えてみると呼吸が浅かったのです。一番大事な事なのに忘れがちって非常にまずいんですがやってしまします。

場所や時間を問わず練習出来て、楽器以外にも効果がある練習なので、ぜひ取り入れましょう。鳴れないうちはけが防止のためにも椅子に座った状態の方がいいでしょう。

姿勢を正す。座っていても、立っていても体が真っすぐになるように。これが意外と出来ていない。ちなみに、僕は少し後ろに反っているって師匠にダメ出しされました。

6拍で吸って6拍で吐く。これを1拍ずつ減らしていく。吐くときはなるべく抵抗をへらしてため息のような息に。吸う時も力が入らないように。決して体がブルブル震えないように。

一杯吸えるようになったら吐く方向を意識する。真っすぐ、上向き、下向き。

 

これを時間かけてやるだけで効果あるでしょう。アマチュアは軽視しがちですが、どんなプロでも最初はこの練習に1時間以上掛けます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です