シラブルと使い方

アンブシュアをパッカー気味にすること、シラブルを意識して最も効率的な息の使い方と響きを意識する事で、だいぶ楽に吹けるようになってきました。

意識が唇周りにあると、どうしても力が入ってしまい、バテの原因となってしまいます。

どちらかというと、響きに意識を集中する感じにすると力が抜けていい感じになっているようです。

意識するポイントを変えるだけでも、かなり変わるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です