息の圧力

非常に誤解しやすい事なのですが、息の量と息の圧力は扱いが全く違うのです。そして、最初に気を付けるべきは「息の圧力」だと思うのです。

正しい音の出し方が身についていれば、息の量を調節することで音量の変化を付けることが出来ますが、息の圧力は常に確保しなければならないと思います。弱弱しい息では弱音でも弱々しい音しか作れないでしょう。やはり、ppでも適切な息の圧力は必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です