リードを支える

振動体である唇は常にフリーで振動しやすい状態になっていなければなりません。そのためには唇周辺の筋肉でしっかり支えなければなりません。

矛盾している事のようですが、力を抜かなければならないのは振動部分のみで、それ以外はしっかり支えることが重要なのです。

「リラックス」と言って顔全体、または体まで力を抜いてしまい、結果締りのない音になってしまう演奏を見かけます。自分もそうでした。逆に全身に力を入れて、まるでボディビルのように楽器を吹く人も居ります。

適度な力と適度なリラックス。やはり「バランス」がもっとも重要なことなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です