イニシャルアタック

音の出だしが安定しない。詰まったり、破裂音的なアタックになる。
師匠にもらったアドバイスなどを参考に色々試したところ、一つの解決法が生まれたかも。
多分原因は舌先が暴れることらしい。舌先は下歯の裏に固定するのがいいのだけど、どうやら無意識で浮かせているらしい。
その辺を気を付けて、ブレスの一連の流れで吸った後に舌先をセットする動きを試した所、無理なく発音出来るようになった。
タンギングに悩んだら、舌先の動きを気にして見るのもいいのかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です