唇の事を意識しすぎない

思い通りに音が出ない、いい音が出ないなどなど・・・常に悩みの尽きないラッパ奏者の最大の悩みは「唇」ではないでしょうか。

でも、先日のレッスンで「唇はただの肉の塊だから意識しすぎないように」「声を出すとき声帯のことを考えて声を出してる?」というアドバイスで色々気づきました。

ケアをするのは当然のこととしても、必要以上にあれこれ考えるのは無意味なのかもしれません。だって、一番重要なのは息の使い方なのだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です